ジェルにホロを埋め込む時のイライラをシリコンマットで解決!

シリコンマットでホロをきれいに埋め込む ネイルの道具など

ジェルにホロを埋め込むとき、硬化後に角が浮いてしまうことありませんか?そうなるとツンツンして危ないし、凸凹があるとカラージェルがきれいに塗れません・・・。そんな時に便利なのが、100円ショップのDAISO(ダイソー)にあるシリコンマットです。手軽で便利なのでぜひのぞいていってくださいね。

シリコンマットってこれ

シリコンマットはDAISO(ダイソー)商品

本来の用途はレジンアクセサリーを作る時に使うためのものらしいです。レジンもジェルもシリコンにつかないので、硬化した後キレイにはがせるのが特徴。使い方によってとても便利です。

こんな感じの柔らかいシート

見ていただくとわかる通り半透明の柔らかいシート。手で持つとクネクネしています。サイズは折り紙くらいですよ。

ハサミでカットして使える

ハサミで使いやすい大きさにカットすることができます。今回は爪の長さくらいの幅に細長くカット。100円なので気軽にハサミを入れられますね。

シリコンシートでホロのイライラを解決!

ジェルにホロをのせて硬化すると角が浮くのが嫌

しっかり密着させても、硬化するとこんな風に角がツンツン・・・。そんなこと良くありますよね?!というか普通にこうなります。見た目はもちろん、角が服や紙に引っかかるので危険です。

厚塗りにはなりますが、少しならクリアジェルをのせて埋めることも・・・。ただし大きく角が出ているときはファイルで削るしかありません。

シリコンマットで抑えて硬化するとホロが浮かない

こんな風にシリコンマットでホロを抑えるようにして硬化します。マットを動かすとホロがずれてしまったりするので慎重に。抑える位置を変えながら、何回かに分けて硬化するとやりやすいと思います。

できたのがコレ。シールのようにピッタリくっついていますね。先ほどの、のせただけで硬化したものとはくらべものにならないほどキレイです。この上にクリアジェルを塗れば、つるっとしてカラーもムラなく塗れそうです。

ちなみにシリコンヘッドのライトもあります。

シールやホロ専用。先端にシリコンが付いたLEDライトです。これだとシリコンマットを抑えながら硬化しなくても、簡単にできるのが便利。

多少のコツは要るものの、削らなくていいのが神

強く押させるとずれちゃったり、うまくシートがついてないと浮いちゃったりと多少コツはいります。でも・・・浮かないと楽。ホントに削るの嫌なんですよ、だって粉が飛び散るから。ペン型のライトも100均で売っているのでシリコンシートをつけてみようかと思っています。

タイトルとURLをコピーしました