ベースジェルとトップジェルの違いは?間違えたらどうすれば良い?

ジェル
トップジェルとベースジェルを両手に持っている画像

セルフジェルを塗る時には何種類かのジェルを使います。でも、なんか面倒だなとか1種類くらい省けないかな?と思ったことはありませんか?特にベースジェルとトップジェルは両方とも透明なジェルだから、同じでも良いような気がします。そこで今回はトップジェルと、ベースジェルの違いについてまとめてみました。間違えた場合の対処法についてもご紹介しますよ。

ベースジェル&トップジェルの違いは?

ジェルを塗る順番

ジェルを塗るときに最初に自爪に塗るのがベースジェル。お化粧でもベースクリーム(下地)とか言いますよね?!それと同じでベースジェルはカラーなどを塗る前のベースメイクに使います。ではトップは?というと最後に仕上げに塗るのがトップジェル。ジェルを塗った表面をコーティングして保護するために使います。

大きな違いは・・・

その1.仕上がりの硬さ
基本的にベースは柔軟性があり、トップは硬くて強度があるのが特徴です。

その2.他のジェルとの接着力
ベースは上に塗るジェルともしっかりくっつく性質があります。逆にトップはツルツル・ピカピカだからその上にジェルを塗るとはがれやすいです。

それぞれの詳細はこのあとご説明します。

ベースジェルの役割と特徴

爪とジェルの間のボンドのような役割

ジェルが自爪の上にベースカラーと層になっている図

ベースジェルは自爪とも、上に塗るカラージェルともしっかりくっつくボンドのようなジェルです。ジェルが爪から浮いてきたり、カラーが剥がれたりしにくくて長持ちします。(逆に剥がれやすくするピールオフもありますが)また未硬化ジェルが出ることでカラーが塗りやすくなるというメリットもあります。

とっても柔らかいのが特徴

爪に塗った硬いジェルと柔らかいジェルの図

特徴としてはサラサラの柔らかいテクスチャー。なのでベースが上手く自爪の凸凹を埋めてきれいなベースを作ります。また硬化した後も柔らかくて柔軟性があり、爪が曲がった時にもパリッと剥がれることなく一緒にしなります。

ベースについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめ

トップジェルの役割と特徴

ジェルを保護する役割

ジェルをコーティングしている画像

トップジェルは爪に塗ったカラーなどが剥がれるのを防ぎます。特にストーンやブリオンはグルー(接着剤)で付けただけでは落ちやすいので、トップジェルでしっかりコーティングすると良いです。また日常生活の中で付く小さな傷や、汚れも防いでくれます。

強度と光沢があるのが特徴

カラーをしたキレイな手のイラスト

外からの傷をブロックするために硬化するとしっかりと硬くなり、強度があります。表面は汚れが付きにくいようにつるっとしているのも特徴。また仕上げに塗るジェルということで、ピカピカの光沢があります。

間違えたらどうすれば良い?

ベースと間違えて自爪にトップを塗った場合

自爪にトップジェルを塗っている画像

剥がれやすくなるので一度オフするのがおすすめ

トップジェルはベースほど密着が良くはないですし、固いので自爪がしなった時に剥がれてしまいやすいです。またトップの上にカラージェルを塗っても定着はイマイチ、以前ワイプレストップの上にカラーを塗ったらつるんとカラーだけ落ちてしまったこともありました。カラーを塗る前に気づいたら一度オフするのがおすすめです。

トップと間違えて最後にベースを塗った場合

ジェルの上にベースを塗っている画像

その上からトップを塗ればOK

ベースは柔らかいのでジェルの表面に傷がつきやすくなりまし、トップジェルを塗った時のようなきれいな輝きも出ません。でも安心して下さい。もし間違えてしまったら、何事もなかったかのようにその上からトップを塗れば大丈夫ですよ。

ベース&トップ兼用のオールインワンも便利

オールインワンジェルを塗っている画像

それぞれに大事な役割あるとはいえ・・・同じクリアじゃないですか?ということでベーストップ兼用とかオールインワンといったジェルもあります。ジェルを始めたばかりだと材料をたくさん揃えるのは大変。そもそもベースを塗って硬化して・・・という1つ1つの工程が、複雑に感じられたりすることもあると思うので同じものを使うのも良いと思いますよ。

ベースジェルとトップジェルはそれぞれに役割がある

ベースジェルとトップジェルを塗っている画像

それぞれに役割があるので使い分けるときれいに仕上がります。間違えてしまった場合は?というとトップを自爪に塗るとジェルが剝がれやすくなり、ベースを仕上げに塗ればツヤが出ません。とはいえ・・・剥がすのも面倒という時は多少の不具合は目をつぶってそのまま行くのもあり。2種類使い分けるのが面倒という時は、オールインワンとかベース&トップなどを使うと便利です。

タイトルとURLをコピーしました