超便利!DAISOのジェルネイルオフホイル♪オフのやり方もご紹介

ジェルネイルオフホイルを巻いた指と箱 ネイルの道具など

最近ではセルフでも一般的になってきたジェルネイル。仕事や家事などの日常生活で簡単に落ちないのが魅力ですが、オフするのが少し面倒だと思ったことありませんか?そんなときにおすすめなのが、こちらDAISOのジェルネイルオフホイルです。今回はジェルオフ専用ホイルについてご紹介します。オフのひと手間が減るだけですごく楽になるので、オフに時間がかかるという方も必見です。使い方動画もあるので、サロンで乗せてもらったジェルをオフしてみたいという方もぜひ参考にしてみて下さいね。

DAISOのジェルネイルオフホイルって?

ジェルオフ時に便利なコットン付きのアルミホイル

ジェルネイルオフホイルの箱

ジェルをオフするときはアセトンを浸み込ませたコットンを爪の上に置いて、アルミホイルで巻くといった方法が一般的。その時に使うアルミホイル+コットンをセットにしたのが、こちらDAISOの「ジェルネイルオフホイル」です。いつもはキッチンのアルミホイルを使っていると思いますが、専用ホイルはすぐに使えるのが手軽で良いですよ♪

DAISOのジェルネイルオフホイルが便利な理由

キッチンのアルミホイルとお化粧用のコットンでいいのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。でも、刺さる人には刺さるんですこの微妙な楽さ。便利な理由をお伝えしていきます。

カット済みだからひと手間省けるのが嬉しい

ジェルネイルオフホイル全体画像

中を開けるとこんな感じです。アルミホイルやコットンを使う時には、ちょうど良いサイズに切って使いますよね。ちょっと手でちぎるだけのひと手間ですが、この準備段階のひと手間が省けるのが意外と便利。ジェルのオフはアセトンのせて、待って・・・と考えると時間のかかる作業です。さらにオフしてからジェルを乗せる場合などは2時間、3時間コースという時も。最後まで疲れ果てないように、準備段階で時間を短縮するメリットは大きいですよ。

コットンがホイルに付いているから落ちないのが嬉しい

ジェルネイルオフホイルのコットン部分を触っている画像

写真を見ていただくとわかりますが、ジェルネイルオフホイルにはコットンとホイールがくっついています。そのためホイルで巻く時にコットンが爪からずれてしまった、 一度開いて様子を見たら落ちてきて置きなおしたりということがないのでストレスフリー。些細なことですが10本オフすることを考えると、とーーーっても使いやすいんです。

しっかり厚めのホイルだから巻きやすい

アルミホイルとジェルネイルオフホイル

実際に手にとってみると、キッチン用のアルミホイール2~3枚分くらいの厚みがあってしっかりしています。巻いた時にアセトンがしっかり爪に密着している感じがしますし、破れにくいので 巻き直しがしやすいのが特徴です。オフする時は巻いて、 剥がれてきた部分を取り除き、もう一度巻くという繰り返し。その時にアルミホイルが破れて、新しくカットするのも面倒な作業なので破れにくいのは嬉しいですね。

DAISOのジェルネイルオフホイルの使い方

ジェルネイルオフホイルにアセトンを浸ける画像

こちらのジェルネイルオフホイルを使って、オフのやり方をご紹介します。ジェルオフの方法はwebでもたくさん出てると思いますが、ジェルの剥がれやすさはそれぞれのお爪によって個人差が大きいです。湿布して5分ほど置くと全部浮いてくるという方もいれば、10分ごとに様子を見ながら2~3回やってもなかなか落ちないという方も。自分の爪の質に合わせて削り具合なども工夫していくのがポイントですよ。 

用意する物

用意する物
  • アセトン
  • ジェルネイルオフホイル
  • ウッドスティック
  • ファイル(100/80グリッド)

ジェルオフのやり方動画(約1分)

  1. ファイルでジェルの表面を削る
  2. アセトンをジェルネイルオフホイルに付ける
  3. 爪にホイルを巻いてアセトンを湿布する
  4. 10分ほど待つ
  5. 浮いてきたたジェルを取り除く
  6. ジェルが残っていたらもう一度ホイルを巻く
    ※全部のジェルがとれるまで3~5を繰り返す
  7. 爪を水洗い

概略はこんな感じです。ジェルを無理に剥がすと、自爪の表面も一緒に剥がれてしまうので浮いてくるのをじっと待って下さいね。

ジェルオフが面倒な人にはぴったり!オフの後は保湿も忘れずに!

キューティクルオイルを塗る画像

ジェルオフが面倒という方はぜひ1度使ってみて欲しいです。ホイルとコットンがセットになっているだけでこんなに楽だったの?という感動がありました。特にジェルが落ちにくくて、何度も巻き直しをするという方におすすめ。逆に1回でするっと落ちる人は、キッチンのホイルと大きな違いが感じられないかも。そしてオフの後はハンドクリームやキューティクルオイルで、保湿も忘れずにして下さいね。

タイトルとURLをコピーしました