転写フィルムのきれいな貼り方

ジェル

転写フィルムはおしゃれなネイルが手軽にできるアイテム。デザインのバリエーションもたくさんあって楽しいです。時間も手間もかかる柄や、ハードル高めのデザインだって貼るだけで完成します。今回は転写フィルムについてご紹介。上手な貼り方使い方をはじめ、値段やに上手くできなかった時のフォローなどもお伝えしていきます。転写フィルムはコツさえつかめば簡単にできて、デザインの幅も広がるのでぜひチェックしてみて下さいね。

そもそも転写フィルムって何?

簡単に爪に柄を転写できる

こちらが転写フィルムです。未硬化ジェルが残っている爪に押し付けると、フィルムの柄が爪に転写できます。

柄もいろいろあって楽しい♡

レースとか

大理石

アニマル柄も

転写フィルムを貼る時のポイント

表裏をチェックする

フィルムの裏側を爪に付けないと転写できません。といっても転写フィルムの表と裏って、知らないと分かりにくいですよね。フィルムの表は柄がきれいな方でツルツル、光沢があります。裏は柄が少し白っぽい感じ?!サラサラした紙みたいな感触です。分かりにくければ端の方をセロハンテープなどで剥がしてみても良いでしょう。

専用のホイルジェルを使うときれいに貼れる

ホイルジェルという転写専用のジェルもあります。これを塗って硬化すると、表面が粘着力の高いシールみたいな感じになります。フィルムを全面貼りするときなど、しっかり貼りたい時には必須ともいえるアイテムです。今回使ったのはirogelのホイルジェル、気になるかたはレビュー↓↓↓↓↓を見て下さいね。

もし貼り間違えたらアルコールで拭き取ることが可能

貼りつける時は狙を定めてフィルムを載せます・・・が、「あっ間違えた」という時ありますよね。でも残念ながら一度でも貼ってしまうと、フィルムから模様が剥がれてしまうので貼りなおしても柄がつながりません。「やっちゃった!」と思ったらアルコールやリムーバーで拭き取って貼りなおすか、少しぐらいずれてもそのまま貼ってしまうかという感じです。

爪の周りを少し残して貼ると持ちが良い

全面貼りといっても爪全体にフィルムを貼ってしまうと持ちが悪いです。例えば図の①はカラージェルを塗った場合です。ジェル同士はとても付きやすいので、ベースの上にカラーを塗るとしっかり付きます。しかし②のように転写フィルムを挟んだ場合、フィルムとジェルは付きにくいので剥がれやすくなってしまいます。そこで転写フィルムを貼るときには③のように爪の外側1~2mmを残して貼るのがおすすめ。トップジェルで包み込んでコーティングするようになるので、剥がれにくくなります。

転写フィルムの上手な貼り方

用意するもの

???

左から

  • ベースコート
  • トップコート
  • 似た色のカラージェル
  • ホイルネイル用ジェル
  • 転写フィルム
  • ジェル筆
  • LEDライト

やり方はこんな感じ

  • STEP1
    転写フィルムは先にカットしておく
    写真 フィルムは長いままより小さくカットしておくと使いやすいです。持ちを良くするためにサイドは1~2mm外すぐらいに貼るので、爪より少し小さい幅で切っておくと良い感じですよ。また爪はカーブがあるので、中心に向かって切り込みを入れるとしわが寄りにくいです。。
  • STEP2
    ベース&カラージェルを塗る
    写真 まずベースを塗ります。次にカラー。フィルムに似たカラーを塗っておくと、貼るとき柄に穴が空いてしまっても目立たなくなります。どうせ上から貼るので塗り方はあまりキレイでなくてもOKです。 ※今回は貼っている姿が分かりやすいようにカラーは塗りませんでした。
  • STEP3
    未硬化が出るジェルを塗り硬化する
    写真 れば専用のホイルジェルを使うと失敗が少ないですよ。ホイルジェルは普通のクリアジェルに比べて硬化時間が長めなことが多いので、一度確認してくださいね。今回使ったirogelのホイルジェルは60秒~90秒硬化します。
  • STEP4
    フィルムを爪にしっかり密着させる
    写真 爪の中心から外に向けてしっかりと密着させて貼り付けます。中心は指の腹で、端は爪を使って。あればシリコンスティックを使うと良いでしょう。
  • STEP5
    様子を見ながら透明のフィルムを剥がす
    写真 端からそっと剥がしてみます。少し剥がしてみて、透明なフィルムが剥がれてきたら成功。一部柄が残っていることもあるので、様子を見ながらゆっくり。残っていたらもう一度フィルムを戻して爪にギュッと貼り付け転写できないかやってみましょう。まだベタベタが残っているし、全部剥がす前だと同じ位置にきれいに貼りつくことも多いですよ。
  • STEP6
    トップジェルを塗る
    最後にトップジェルを塗ったら完成です。

穴が開いてしまったときは?

余ったフィルムをもう一度貼り付ける

うまく貼りつかなかった部分には、余ったフィルムをもう一度はりつけてみましょう。粘着力が残っているので、貼り付けることができます。色が同じなので、はっきりした柄がなければまずわからないです。

似た色のジェルを塗る

同じ色のジェルを塗ってしまうのも一つの手。まったく同じ色でなくても大丈夫。天然石などのぼやけた柄だと、同系色を足すだけで分からなくあります。

ラインを描き足したりストーンをのせたり

爪の端っこ(サイドとかキューティクル周り)に隙間が空き過ぎて気になるなら、ゴールドやシルバーで周りを囲むようなデザインにするときれい。穴があいたらデザインにあったストーンをのせるのもおすすめです。手間は少ない上、入れ方によってはおしゃれになるのでぜひやってみて下さいね。

大きな穴でなければ目立たない

あとは気にしない・・・のもありです。ホントに!!!!
トップまで塗ってしまうと、小さな欠けなどはまず分かりません。塗った自分は知っているから気になるかもしれませんが、ぱっと見でわかるかというと全然問題ない場合が多いです。

サクッと貼る極意は妥協にアリ!

今回は転写フィルムの貼り方などご紹介しましたがいかがだったでしょうか?転写フィルムは便利なアイテムですが、上手に貼れないと逆に時間がかかることも・・・。サクッと貼って時短ネイルを完成させる極意は、小さな穴が空たくらいは気にしないことです。トップを塗ってしまえば、目立たなくなるので細かいことはスルーして進めましょう!

irogelの専用ホイルジェルを使った感想はこちら

転写ホイルを使った簡単なデザインはこちら

タイトルとURLをコピーしました