ジェル筆ってどう選ぶ?プチプラ価格でも塗りやすいのを探そう!

ジェル筆がたくさん並んでいる画像 ネイルの道具など

セルフジェルをはじめるときに、まず用意しておきたいもののひとつがジェル筆。しかし初心者の方では形やサイズがたくさんあり、価格も100円~何千円までとどれを選べば良いのか分からないという方も多いと思います。こちらではジェル筆の種類やお手入れの仕方に加え、おすすめのジェル筆もご紹介。セルフにぴったりのプチプラなものを中心にお伝えしていくので、筆選びに迷ったらぜひ参考にしてみて下さいね。

ジェル筆とは?

ジェルを塗ったりアートをしたりする専用の筆です。カラージェルはコンテナのタイプも多いですし、アートをする時には必要になるので何種類か準備しておくと良いでしょう。ジェル筆の使い方はこんな感じ・・・筆先にジェルをとって塗ります。根元にジェルが残ると固まりやすいので、なるべくべったり付けないようにするのがポイントですよ。

ジェル筆の種類

スクエア(平筆)・・・ワントーンやブロックなどに

オールマイティに使える筆というとやっぱり平筆です。先端がまっすぐになっているので刷毛圧が均等にかかりやすく、ワントーンがきれいに塗れます。また直線的になっている先端を使うとブロックやフレンチなども描きやすいです。グラデーションのようなデザインはオーバルの方が得意ですが、平筆でできないことはないのでとりあえず1本欲しいという時におすすめ。

オーバル(ラウンド)・・・ワントーンやグラデなど

先端が丸くなっている筆です。平筆はどんなシーンでも使いやすい筆ですが、爪の生え際(キューティクルライン)が塗りにくいのが難点。そこでオーバルを使えば生え際の丸い形にフィットしてきれいに塗ることができます。ふんわりとしたデザインが得意な筆で、グラデーションなどもきれいに塗れますよ。

爪フレンチ(アンギュラー)・・・フレンチネイルなど

先端が斜めになっている筆。普通に持っても斜めにうまく当たるので、フレンチが描きやすいです。また先端が細いのでワントーンの時にも爪の端っこ(サイドやキューティクルライン)が塗りやすいというネイリストさんもいますよ。

ライナー(細筆)・・・ストライプやドット、小花柄など

細かいアートをする時に必須の筆。ロングライナーとショートライナーの2種類があります。ロングライナーは適度なしなりがあり、筆の全体を使って真っすぐな直線を描くのに適しています。ショートライナーは筆先をコントロールしやすいので細かいところが描きやすいのが特徴です。初心者の方には扱いやすいショートがおすすめ。私もロングは滅多に使いません。

爪その他(ミニオーバル、ツイードブラシ、ファンブラシ、アートブラシなどなど)

スクエア、オーバル、ライナー、フレンチの4種類が最もポピュラーな筆になりますが、他にもたくさんの筆があります。小さなオーバル、ミニオーバルは人気の花柄を描くのに使う筆。

先端がボサボサになっていてかすれたような線が描けるファンブラシは、デニムネイルなどを書くときに使います。また根元が太く先端が細くなっているアートブラシは3Dアートにあると便利です。

平筆やオーバルのサイズ

幅は4~5mmが標準
オーバル筆と平筆

幅何mmなど書かれていて、選べるようになっていることも多いです。爪の大きさや好みで使いやすい幅は違ってきますが、平筆とかオーバルだったら標準的な幅が4~5mmくらい。写真の上が幅5mmのオーバル筆で下が幅4mmのスクエア、一緒に写っている私の爪は大き目サイズです。爪が小さい方はワンサイズ小さい筆が使いやすいかもしれません。

長さで迷ったらミディアムサイズ

長さはワンサイズという場合も多いですが、何mmまたはロング、ミディアム、ショートなどを選べることもあります。それぞれの特徴はロングの方が筆圧がかからないので筆跡が付きにくく、ショートになると細かい操作がしやすくなります。まずは長さ6~8mm程度、ミディアムサイズを選ぶと良いでしょう。

材質

動物毛は柔らかくジェルをたっぷり含む

動物の毛を使った筆で1本2,000円程度はする高級品です。コリンスキーと呼ばれるイタチの尻尾が最適と言われ、毛先は柔らかくて塗りやすさは格別。特に柔らかいジェルでは筆跡がつきにくく美しく仕上がります。またジェルをたっぷりと筆の中に含んでくれるので、何度もジェルを足さなくても塗り上がりますよ。

化学繊維はお手頃価格でコシがある使い心地

ジェル筆のほとんどはナイロンやPBTといった化学繊維からできています。動物の毛に比べると柔らかさやジェルの含み方は少し劣りますが、かなりそれに近い質感を再現。コシがある使い心地です。価格は安い物で1本200円くらいから購入可能。筆は大事につかっても消耗品なので、初心者さん~中級者さんまで幅広くおすすめです。

剥ジェル筆のお手入れについて

最初に使う時はのりを落としてから

購入してすぐは形を整えるための糊がついていることが多いです。そのままではバリバリでうまく描けませんし、糊がジェルに入ると品質が低下してしまうのでまずは筆おろしをしましょう。クリアジェルで糊を洗う感じですよ。

①毛先をほぐす
筆先を指で揉んでいる画像

筆先を指で揉んで白い欠片(糊)がでてきたら取り除きます。優しくほぐすようにして下さいね。目に見える糊みたいなのは出てこないことも多いです。

②クリアジェルをつける
筆にクリアジェルを受けている画像

筆全体にクリアジェルを馴染ませます。

③拭き取り
筆についたクリアジェルを拭きとっている画像

ジェルをペーパーで拭き取ります。

②~③を3回ほど繰り返して終了。キャップをして収納しましょう。

使い終わったらアルコールで拭く

キッチンペーパーにアルコールをつけて筆を拭いている画像

ジェルは特定の周波数の光に当たると硬化。硬化用のライト以外にも太陽光などにも、その光は含まれているのでジェルが筆に残った状態だと筆が固まってカチカチになってしまいます。使い終わったらブラシクリーナーか、アルコールを含ませたキッチンペーパーなどで拭きましょう。

キャップをして保管

筆にアルミホイルを巻いている画像

アルコールでしっかり拭きとっても、どうしてもジェルは筆に残ってしまいます。光に当たると固まってしまうので、光を通さないようキャップをして保管。キャップは別売りのこともありますが、付属しているものを選ぶと探す手間もなく、ぴったりサイズのキャップがあるので便利ですよ。買い忘れた!という時にはアルミホイルで巻いておくと良いでしょう。

ジェル筆の気になる疑問

クリアとカラーなどで使い分けは必要?

数種類のカラージェルと筆

筆にカラーが残っていたりすると、クリアジェルに色がついてしまうこともあります。透明なはずのクリアにうっすら色がついてしまいとっても残念な仕上がりになった、ラメがクリアジェルの中に落ちてしまい塗るたびにキラキラなんてことも。そこでベース、カラー(薄い色・濃い色)、ラメ、トップと筆を変えるという方もいます。ただきちんとクリーナーやアルコールで拭いていれば大丈夫ですし、最初から専用の筆を用意する必要もないかな・・・と。使ってみて気になるようなら分ければ良いかと思います。

もし固まってしまったら?

ブラシクリーナーに筆を浸ける画像

キャップを忘れて放置してしまったり、ネイルを硬化する際にライトが当たってしまったりすると筆が固まってしまいます。そうでなくても長く使っているうちに何となく毛先が束になっていることも。そんなときはブラシクリーナーを使うと柔らかくすることも可能です。筆を付けて5分ほどおくと徐々に溶けて固まったジェルが落ちてきますよ。ただし硬化してカチカチになってしまったら復活は難しいので、固めないように気を付けるのが大事です。

ジェル筆って消耗品?いつ変える?

新しい筆と使いこんだ筆の筆先

筆は消耗品なので大事に使っていても寿命がやってきます。写真は平筆を横から見たところで左は新しい筆、右は使いこんだ筆。先端がまとまらずバサバサっとしていますよね。こうなってくるといつもと同じように塗っているのに筆跡が残りやすかったり、塗り心地が悪かったり。残念ながら変え時です。また固まってしまった場合もクリーナーで復活できなければ買い替えになります。

プチプラの筆って使える!

ジェル筆を持つ手

ジェル筆の種類やお手入れの仕方、おすすめのジェル筆などを見てきましたがいかがだったでしょうか?個人的な感想から言うと「プチプラな筆って意外と使える」と思います。以前は割と高い筆を使っていて安い筆は硬そうと思っていましたが、プチプラな筆を使ってみると意外に柔らかくて塗りやすいです。中でもなるべく毛量が多そうなものを選ぶと、コシがあって扱いやすいですよ。筆の寿命はお手入れの仕方次第ではありますが、週1回自分の爪だけであれば何か月も使えるもの。お気に入りの筆を大事に使って欲しいなと思います。

他のお道具はこちら

タイトルとURLをコピーしました