ネイルケアに必要な道具【美爪になろう!】

ネイルケアのどうぐ ネイルの道具など

今回はネイルケアのお道具をご紹介します。「ケアってなんか面倒くさそう・・・」って思いませんでした?!でも意外とセルフでも簡単にできるケアもあって、道具も手頃なものが多いです。

そもそも~ネイルケアって?

自分の爪を美しくするのがネイルケアだよ。

例えばどんな?

爪の形を整えたり甘皮の処理をしたり、保湿もケアの1つだねっ。

誰でも2週間に1回くらいはする「爪切り」、乾燥する季節にする「保湿(クリームを塗る)」というあたりもネイルケア。ちょっと手をかけるだけで美爪になれるのでお勧めですよ。

ネイルケア~爪の形を整える道具と使い方

基本的には爪は切らないで削ります。ネイル検定とかだとオーバルとかポイントとか、いろいろ覚えますが自分のお爪なら好きな形にすれば良いと思います。

エメリーボード

爪を削るための爪やすり的なもの。爪切りの様に切りすぎてしまうことが少ないので安心ですよ。ネットで探す時には、大抵「ファイル」というところを見るとあります。

爪の長さを短くする時には自爪に対して垂直に当ててます。ちょうどいい長さになったら角度をつけてエメリーボードを往復させると丸く削れますよ。

爪切り・ニッパー

たくさん切るときにはこういった爪切りも便利(というか早い)。右側が一般的な爪切り、よく切れるものなら普通の爪切りでも全然OKです。左がネイル用品として売っているネイルニッパーです。爪切りで切った後はエメリーボードで整えてくださいね。

ネイルニッパーはこんな感じで使います。爪は刃を入れると割れやすいので思わぬ方向にバチっ!と切り過ぎてしまうこともあるので気を付けて下さいね。一度にたくさん切らないで端っこから少しずつ切っていくと失敗が少ないです。

ネイルケア~甘皮の処理に使う道具

甘皮っていうのはこれのこと

爪とその周りの皮膚(キューティクル)をくっ付けているのが甘皮で、細菌の侵入を防いでいるところです。なのであんまりガシガシ取らない方がいいのですが・・・。表面から見て分かるほど爪についてしまったものはとった方が美しく、マニキュアやジェルのもちもよくなります。

とるときは優しくねっ。

甘皮の処理をするときにはウエットとドライがあります。ウエットは指をお湯につけて甘皮をふやかして処理するのできれいな仕上がり。ドライはリムーバーだけで処理するので手軽にできます。その後でマニキュアとかジェルを塗る時は、全体の時間が長くなってしまうのでドライですることが多いです。

フィンガーボウル(ウエット用の道具)

フィンガーボールはお湯をはって使います。キューティクルクリームorリムーバーを付けて、フィンガーボールに入れ甘皮をふやかします。

こんな形のフィンガーバスっていうのも売ってますが、小さめのボウルとかでOKです。

キューティクルクリーム・リムーバー

キューティクル周り(甘皮のあるところ)に塗り、しばらく置くと甘皮が浮いて取れやすくなります。

プッシャー

これがプッシャー

爪の周りの皮膚(キューティクル)をプッシャーでやさしく押し上げながら、甘皮をこすりとっていきます。

これはキューティクルストーンなどと呼ばれるもので用途はプッシャーとほぼ同じ。ちょっと軽石みたいなザラザラした感じの材質で、消しゴムで消すみたいにこすって甘皮を取ります。最近では100均にも売っていますよ。

ガーゼなど

とれた甘皮はガーゼなどで拭き取ります。なければウエットティッシュとかキッチンペーパーでもOKです。

キューティクルニッパーはささくれをとるのに便利

サロンではプッシャーでキューティクルを押し上げた後、残った甘皮をキューティクルニッパーでカットします。でも、キューティクルを傷つけると危険なので、家では使わなくて良いかなと。使わなくても十分きれいになりますし。

ただ、ささくれを切る時には大活躍しますよ。

ネイルケア~保湿に使う道具

保湿してあげると指もきれいに見えます。

キューティクルオイル

キューティクル周りに塗るオイルです。ホホバオイルやアーモンドオイルなどが使われます。写真は刷毛で塗るタイプですが、ペン型とかもあって使いやすそうですよ。

もちろんオイル自体の良し悪しもありますが、まめに保湿することが大事。特に冬はしっかり・・・できないですけどね。なかなか。

ハンドクリーム

普通に使うハンドクリームです。私は冬になると指が荒れてボロボロになるのですが、しっかり保湿すると復活します。これもこまめに・・・。

美爪になろう!

ネイルケアのお道具についてご紹介しましたが、いかがでしたか?仕事柄ネイルカラーがNGという方でも、ちょっと手をかけてネイルケアをしておくと美爪に。甘皮の処理をすると爪が大きくなるように感じるという方もいます。どの道具も低価格なものが多いので、100均やwebなどで一度チェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました