1度わかれば迷わない!ネイルファイルの種類と選び方

いろいろな種類のファイル ネイルの道具など

ネイルのサイトだったり通販のカタログなどを見ていると、「ファイル」という言葉を目にすることはありませんか?ネイルケアやスカルプ、ジェルネイルなどなど、とても良く使われる道具です。でも良く見ると種類も多くて、どれを使えば良いのか分からないという方も多いでしょう。今回はネイルの必需品ファイルについてご紹介します。ファイルってなに?という説明から、種類やお手入れのポイントなどもお伝えするので参考にしてみて下さいね。

ファイルとは?

爪を削る道具

ヤスリのような形をした爪を削るための道具です。使い方はこんな動画のような感じ。大きく動かすようにすると効率よく削れます。持ち方など検定とかサロンワークだといろいろ、持ち方や動かし方がありますがセルフでは特に気にする必要ないと思うのでとりあえず好きなやり方で。

ファイルの種類

用途によって使い分ける

同じような形をしたものでファイル、バッファー、エメリーボードと呼ばれるもの達を見かけたことがある方も多いでしょう。名前だけ聞くとファイルとは違うの?と思ってしまいますが、この辺はファイルの種類で用途に応じて使い分けをします。

エメリーボード

エメリーボード

自爪の先端を整えるためのファイルで、略してエメリーと呼ばれることもあります。自爪を爪きりでバチバチ切って、思わぬ向きに割れてしまったという経験はありませんか。エメリーボードで削れば失敗なくきれいな形に整えられますよ。主に紙や木でできていて薄い形状のため、柔らかくしなり負荷をかけにくいので自爪を削るのに適しています。

ゼブラファイル

ゼブラファイル

単にファイルというとこちらのゼブラファイルを挿すこともあります。自爪の上に人工の爪を作るスカルプチャーネイルをする時は、爪の形を作った後にこちらのゼブラファイルできれいに形を整えます。またジェルネイルを塗った時でも表面の凸凹を平らにしたり、アセトンでオフをする時浸透を良くするために表面を傷つけたり。形状はエメリーボードよりは少し厚みがあり、硬くてしなりがないです。そのため効率よく削れる反面、負荷をかけやすく自爪には向きません。

スポンジバッファ

スポンジバッファ

自爪では縦スジや傷を取ったり、スカルプの仕上げに使ったり。ジェルをのせる前に、爪に細かい傷を付けて剥がれにくくするなどにも使います。間にスポンジが挟まっていて厚みがあり、柔らかくフワフワした感触。爪に負荷をかけずに優しく整えられますが、形を変えるようにしっかり削るのは効率が悪く向いていません。

シャイナー

シャイナー

爪を削るというより磨くためのファイル。ものすごく目の細かいファイルを使って爪をこすると、ほんの小さな凸凹までとれてピカピカになります。シャイナーの表面を触るとツルツルしていて、発泡スチロールの食品トレイ?!みたいな感触。少し弾力がある感じで強くこすって艶を出すのにちょうど良い硬さをしています。裏側にはシャイナーよりは少しだけ目の粗いファイルが付いていることが多いです。

目の粗さ

粗さはグリッド(G)で表す

目の粗さが違うファイル3本

ファイルには目の粗さが何種類かあります。粗さはグリッド(G)で表され、80~240G程度まで10刻み。ただしシャイナーは4000G程度です。ファイルを選ぶときは削る対象が自爪なのか人工爪なのか、削りのタイミングは荒削りなのか仕上げなのかなどによってグリッドを選びます。

80~100G
ネイル用としては最も目の粗いファイルです。主に人工爪の先端を整える時や、ジェルネイルのオフ時に表面に傷を付けたい時に使います。目の粗いファイルはちょっとこするだけで、たくさん削れてしまうし負担も大きいので自爪に使うのはNGです。

150G
スカルプの先端の形を整えたり、成形時に荒削り用として使います。目の粗いファイルを使うと早く削れますが、削った部分はザラザラになります。逆に目の細かいファイルを使うと削るのに時間がかかりますが、削った部分は滑らかです。そのため150Gの粗いファイルで削った後に、180Gの細かいファイルで削ると効率が良いですよ。

180G
スカルプの時には仕上げ用として、またエメリーボードでも使いやすい粗さです。150Gと180Gが両面に付いているものも多いですね。スカルプも(効率は悪いですが)荒削りなしで、これだけで仕上げても良いのでとりあえずはこれ1本あればOK。リペアの時に使ったり、ジェルのオフ時に使ったり。一番使用頻度の高いファイルでしょう。

240G
表面の凸凹をとるために使います。あまり使用頻度の高いグリッド数ではないですが、スポンジバッファなどには多いです。

4000G
これはシャイナー、爪磨き専用です。裏には1000Gくらいの少~~~し粗目のファイルがついていることが多いです。スポンジバッファで凸凹をとり、裏側の1000Gをかけた後に4000Gで磨くと効率よくピカピカになります。

ネイルファイルのお手入れ

こちらではお手入れや交換についてご紹介します。ファイルの洗浄と消毒については、こちらにも詳しい方法がのっています。

プラスチック製のゼブラファイルなどは水洗いが可能

ゼブラファイルを水洗いする画像

ゼブラファイルやスポンジバッファ、シャイナーなどはプラスチック製なので水洗いが可能です。ファイルで爪を削った後は削りかす(粉)が目の間にいっぱい。風に舞うと粉だらけになるのでさっぱり水洗いがおすすめです。エメリーボードも清潔に洗いたいという方は、プラスチック製や金属製のものもありますよ。

<<手順>>
①削りかすをきれいに掃う
ファイルに付いた粉は、舞い散らない程度に手でトントンと叩いて落とします。

②水洗いする
中性洗剤を付け、歯ブラシなどを使って水洗いしましょう。

③消毒する
消毒液に浸けて消毒します。浸ける時間は使用する除菌剤の仕様に従って下さいね。消毒剤は商品名でいうとオスバン、マスキン、ハイジールなどドラックストアで購入可能です。

④水で流す
消毒したときの薬剤を流水で洗い流します。

⑤乾かす
最後によく乾燥させてから保管しましょう。

エメリーボードはアルコールスプレー

エメリーボードにアルコールを吹きかける画像

ネイルサロンだと1回使い捨てということも多いですが、自分だけで使うなら再利用もOK。木製や紙製のエメリーは水洗いできないので、歯ブラシなどで粉を掃った後にアルコールスプレーを吹きかけます。ただし完全に消毒できているわけではないので、友達や家族との貸し借りは避け1人1本にしましょう。

ファイルは消耗品

使い古したゼブラファイル2本

ファイルはしばらく使っていると摩耗して削れなくなってきます。写真の2本は同じシリーズで上はキツネ、したはオオカミの絵が描いてあったはずなんですが、見えなくなっています。新しく変えるタイミングは、こんな風にファイル表面に書いてあるロゴやイラストが見えなくなった時。もっと良いのが削れなくなってきた時。ストックを用意しておいてたまに新品のファイルを使って比較すると、「あ~もうダメかな」っていうタイミングが分かりますよ。

最初は面取りしてから使おう

ファイルの角を他のファイルで削る画像

おろしたばかりのファイルは角が尖っていて、そのまま使うと指に触れた時にザックリ切ってしまう可能性もあります。なので角を滑らかに削ってから使うのが安全。これが「面取り」です。初めて使う時はまず、古いファイルで新しいファイルの面取りをしてあげると良いですよ。

結局なにがあれば良い?

エメリーボードで爪を整えている画像

ファイルの種類や目の粗さ、お手入れの方法など見てきましたがいかがだったでしょうか?いろいろな種類があったと思いますが、用途が分かって使い始めてしまうと意外と迷わないものです。用途に合わせて爪の形を整えるならエメリーボード、ジェルには180Gのゼブラファイルがあればとりあえずは困りません。またスカルプにはゼブラファイルの180Gと150G、スポンジバッファもあったほうが良いでしょう。スカルプをするならいろんなファイルが必要になるので、セットで購入するのもおすすめです。

その他のジェルの道具についてはこちら。

マニキュアより長持ちするのが嬉しいジェル。準備する道具も意外と少ないので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました